パレートの法則で4倍できる人になる


パレートの法則,ばらつきの法則ばらつきの法則って聞いたことありますか。パレートの法則と言う人もいる。成功の法則と書かれているのを読んだこともある。

簡単に言えば、世の中のあらゆるものが不思議と2:8の割合に収まるという法則です。

 

例えば、読んだ本、雑誌の2割が本当に大事な情報で、残りの8割が単なる雑談、重要情報に辿り着くまでの過程の話が多いといいます。

 

例えば、スマホの全体機能の2割が全体ユーザの8割によって頻繁に使われている。残りの8割の機能を全体ユーザの2割しか使っていない。

 

国の所得税の8割を国民の2割が払っているとか。

勉強した時間の2割で得られた知識が全体知識の8割を示すとか。

全体行動の2割が成果の8割につながるとか。

 

ビジネス業界で言えば、全体利益の8割を生み出すのは店が扱っている商品の2割足らずとか。

販売商品の8割を2割のお客さんが購入しているとか。

売上の8割を従業員の2割が生み出しているとか。

 

そして、人間界だけじゃなく、自然の動物にもこの法則が当てはまるというのが面白いです。

 

例えば、8割のアリが持ってきた食べ物を2割のアリしか食べないとか。

ハチの群の8割が2割のハチを守って戦うとか。

 

 

とにかく2:8という二つの数字がやたらと関連性があるというのがパレートの法則です。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが経済学を中心にこの法則を証明しようと頑張ったが、それがあらゆる分野に当てはまることが気づかれたのでこんなだけ広がったわけです。

 

 

ここで、パレートの法則は2:8の割合がうまいこと色んなことに当てはまるのが分かったと思います。

でも、別に1:9、15:85、5:95なんでもいいと思います。

 

 

気づいて欲しいのは、2割の時間で8割の成果が得られるんだったら、残り8割の時間はまったく無駄なので他のことに回すことが出来る。

時間をより有益に使うことが出来る。

 

つまり、8割の成果につながる2割の行動に集中して行動すれば今までの4倍もレバレッジを効かせることが可能になる。

これはデカイ差です。

普通の4倍も速さで本読んだら、4倍のスピードで語学力を身につけたら、普通の4倍も速さで収入を増やせたらどうでしょうか。

短時間、少ないエネルギで目標達成できる。賢いやり方です。

 

自分の成果につながる行動の割合を探ってみてください。

無駄な行動の割合を探ってみてください。減らしてください。

 

自分の力を有益に使いましょう。こんな考え方を持つこともメンタリズムだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です