誠実な人の強いところと致命的な弱いところ


誠実な人,誠実さ誠実な人は強いです。だが、致命的な弱いところもあります。

 

 

知り合いに誠実な人が沢山います。言葉を変えれば、真面目な人です。

彼らに共通して言えるのは、彼らは計画性があり、注意深い。

そして、規則正しくて、何事にも真面目に取り込む。やると言ったら必ずやる忍耐力もあります。

素晴らしい特質です。

 

 

その影響もあり、彼らは勉強や仕事でとても優秀です。

高校は成績トップクラスで卒業し、行きたい大学に進学し、またしても成績トップクラスで大学を卒業します。

そして、みんなが憧れる大手会社に就職する。

自分の周りの誠実な人のことを思い出すと、だいたいこんなルートを辿っている。

 

その理由は簡単で、誠実な人の特徴である、期限を守る、受けた責任をしっかり果たす、約束は必ず守るなどが学校や会社から高い評価を受けるからだと思います。

本人たちも勉強とか真面目な取り組みとなれば、集中できるので知識も抜群にあります。

 

学校で成績がいい、誠実な人は決まっていい会社に行く。例外もあるかもしれませんが、大体いい線合っていると思います。

また、よくよく思い出せば、誠実な人はいい学校、いい会社だけではありません。

彼らは、健康的です。

 

その理由は、考えればすぐ出てくると思うんですが、やっぱり規則正しい生活習慣でしょうか。

 

歯磨きとか、定期的な運動とか、食生活のこだわりとか。

こんな生活リズムを毎日継続していたら健康的になることは当たり前です。

間違いなくいいことです。

 

では、誠実ではない人はどうでしょうか。

おそらく、誠実な人と真逆だと思います。やる気がなく、真面目に取り込まない。計画性がないので遅刻する。不注意で軽率な態度をとる。

などなど、最悪です。

 

これらは学校や会社に評価されない特質なので皆が憧れる名門大学、大手企業から受け入れてもらえないケースが多いと思います。

例外は、あると思うんですが、大体こんな感じだと思います。

健康面で言っても、その性格の特徴があるから誠実な人よりは不健康な場合が多い気もします。

 

ここまで言えば、誠実な人の圧勝です。

が、誠実さはいいことばかりでもないです。

不誠実さも一概に悪いと言えない。

 

誠実な人は、物事に計画性を持って、きっちり決めて取り組む。

計画通りに行けば問題なく完璧にこなせると思いますが、急な計画の変更、環境の変化に戸惑う。

柔軟性に欠けている気がします。

 

例えば、高校、大学が成績トップだったら人が何らかの理由で自分が想像していた道とは真逆の道を進んだとします。

プライドもあるだろうし、望んだ結果にならなかったことに対して精神的なダメージが大きい。

その状態から脱出するには、やっぱり柔軟性が必要だと思うので誠実な人にはハードルが高いミッションになる。

この状況でむしろ、例外ばっかりと遭遇して鍛えられてきた誠実性が低い人の方が適応能力を発揮できる気もします。

 

ジャズミュージシャンには、真面目な人が合わないという話を聞いたことがある。

その理由は、即興演奏にはクリエティビティが必要で、不規則性に慣れた人の方が周りから高い評価を受けるからだそうです。

これは、スポーツ選手にも言えることだと思います。

場面場面が異なるスポーツ競技にも柔軟性や想像力が必要です。これもやっぱり、不規則性に慣れた人の方がうまく対応できる。

 

など、誠実さにはいい面も悪い面もある。

一見いい面ばかり思い浮かべるが、限られた環境や変動する状況下になると期待出来ないかもしれません。

真面目に取り込むことはもちろんいいことですが、たまには羽目を外して自由に走り回ることも必要です。

もちろん、限度はあるけど。

 

不規則性に慣れる訓練も必要です。不規則な出来事から学んできた不誠実な人にも見習う事が沢山あると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です