説明責任を意識する一番のメリット


説明責任,説明説明責任を果たしてください。

大きなメリットがあります。

 

僕たちは物事を明確にするために説明します。

そして、相手にわかり易く伝えることで理解して貰い、同意を求める。

なので、説明する時は慎重になりますし、緊張しますし、相手が理解してくれなかったら怒りを感じたりする。

 

必死なんです。
でも、説明は相手に理解させるためだけじゃないのです。

 

説明することで自分の考えていることや決断しようとしていることが正しいか再確認することができます。

 

自分にたいして説明責任を果たしてください。

 

我々は、脳の情報処理プロセスの特徴によって2種類に分かれます。

あらゆる情報を考慮して判断する派。システマティック処理スタイルの人です。

 

もう一つは、特定の情報だけ注目して直感的で安易に判断する派。ヒューリスティック処理スタイルの人です。

 

本来、決断する時はシステマティック処理をするのが好ましいで、大体の人は自分がシステマティックに判断していると思っている。

 

でも、実は、無意識のうちにヒューリスティック処理に移行して、大事な情報を無視したり、じっくり考えるのを忘れていることが多い。

 

例えば、

有名な会社の商品だから品質がいいだろうとか、値段が高いからいいものに違いないとか、いいものだから人々に選ばれているいるに違いないとか、自分が知っている訳でもないのに安易に納得して決断してしまう場面ってありませんか。

 

そして、ことが終わったあともうちょっと考えていたらなと後悔することってありませんか。

 

これは、皆が悪いんじゃなくてエネルギを出来るだけ節約したい脳の仕業なのです。

 

脳は能力あるが実はものすごい怠け者です。
すぐ休みたがる。
でも、脳の仕業だから仕方かないと言ってられません。

 

犠牲になるのは、自分だから阻止しないといけない。

脳に任務を託さないと行けません。
そこで解決策として登場するのは説明責任です。
自分にたいして説明責任を果たしてください。

説明責任を意識して行動してみてください。
なぜ、こんな判断したかこんな思いになったか自分に説明してみてください。

すべてが明らかになります。

 

今まで回りに流されて安易に判断していたのが説明責任を意識することでしっかりした動機がつきます。

 

なぜやらないといけないか、なぜやる必要ないか。
やることも明確にはなりますし、やらないことも明確になります。

 

物事をしっかり考え、色んな条件を想定して判断する姿勢になります。

しっかりと自分にたいして説明責任を果たしてください。
これから行動していくには一番重要かもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です