1日の気分を決める事


1日の気分を決めること1日の気分を決めることがあります。

それを意識すれば、一日中気分良く過ごせます。一日中気分良く過ごし、やることの効率が上がります。

何より、人生が楽しく感じられるでしょう。

メンタリズムラーニング・メルマガ

意識しなければ、貴重な一日が台無しになり、不幸な人生の扉が開いてしまうので気をつけて下さい。

言い過ぎていません。

 

 

あるストーリーから話を始めれば、分かりやすいと思います。

 

僕の職場に、だいたい不機嫌なある男がいる。不機嫌で近づくな雰囲気をバンバン放っている。

それが周りにバンバン当たるわけですよ。

そして、不機嫌さはどんどん感染する。

 

この辺りを意識して観察すれば、本当に感染するのが分かりますね。

 

不機嫌な男のところにある人がきます。

嫌な雰囲気の中で仕事の話をして戻っていきます。

 

そして、自分の席に座る瞬間に持っているノートを机の上に投げ捨てる。

ちくしょ、でも言っているのか。

 

そして、ノートを投げる人の所に別の人が来る。

いいとは言えない雰囲気の中で仕事の話をして戻って行く。

そして、席に着くとノートをおいてすぐタバコルームに行く様子が見える。

 

気分的にダメージを感じたでしょうか。

 

こんな感じで、感染が広がっている様子が見える。

 

この場合、逆に、どうでもいい、雰囲気を出せば不機嫌さは感染しないが、

この方法が分からない人達は一人の男のせいで一日のムードを台無しにしている。

 

他人の都合でせっかく貯めた活力を一気に使い果たすのは勿体ないことです。

人が不機嫌だからと言って、自分も不機嫌になることはないからね。

自分の機嫌を優先しなければならない。

 

で、観察した結果あることがわかりました。

12時前、つまり、朝、不機嫌な人は大体一日中不機嫌です。

 

その症状は夜離席するまで残念ながら治らないです。

1日が勿体無いです。

 

1日中、不機嫌さを味わって過ごすのはハードですよ。

心の支えもなく過ごすのはハードです。

 

それくらい朝のエネルギは強力なんです。

 

ここで結論になるが、やっぱり、朝一番守るべきものは自分のムードです。

 

一日中気分良く過ごす方法は、朝のムードを大事にすること。

 

朝の気分悪ければ、その1日に多大な影響を与えてしまいます。

朝のワクワクした楽しいムードを守らなければならない。

 

朝から壊してしまえば、立て直すのは難しくなる。

そして、1日中抱えて生きていかなければならなくなる。

それは、不幸の扉だと言ってもおかしいことは無いでしょう。

 

いや、その1日が勿体無いです。

 

朝のムードを大事にしていきましょう。

守っていきましょう。

 

PS:

実は、ムードを守るいい方法がある。

マイペースを保つことです。

自分の習慣を大事にし、マイペースで過ごせばムードは壊されにくくなる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です