6種類の幸せ者


世の中には、6種類の幸せ者がいる。幸せなので快楽を味わえ、快適に暮らせる。

一方、不幸な人もいる。不幸な人は不快な思いに晒され、快適に暮らせない。

あなたは幸せですか、それとも不幸ですか。

今回の話で自分が幸せなのか、不幸なのか区別して、今後の行いを計画してみてください。

#1 知って幸せ

この人は知識持ちです。

知識持ちは言うまでもなく幸せです。やりたい事を把握してやるから、いい結果につなげる事がほとんどです。

知っている人は出来る人です。

スタートよし、過程よし、結果良しです。自信もあり、自己評価が高いです。

これは、幸せの象徴、自己満足の最高条件です。

#2 知らなくて幸せ

この人は気楽な人です。

知らない人は、知らない事すら知らないので、不満を感じようがないです。

知らない事を認識するまで知らない事がないので、スタートなし、過程なし、結果なしです。

知識がない人は出来る人ではないが、やろうとも思わないので気楽だし、これまこれで幸せだと言えます。

#3 知っている事を認識して幸せ

ここからは、知識の話からメタ知識の話になる。

つまり、知っている事を認識しているか、認識していないかで感じることも異なってくる。

知っている事を認識して幸せな人は自信家です。出来る人です。

自分が知っている事を認識し、明るい結果を想像しながら取り込める。

知っている自分に対して満足し、自信を持ってやれるから幸せです。

想像良し、スタート良し、過程よし、結果良しです。順風満帆ですね。

#4 知っている事を認識しなくて幸せ

この人は、行動家です。

出来るのか、出来ないのか迷わずにささっと出来てしまうから何不自由なしです。

迷わずにスタートし、ささっと片付け、結果からモチベーションをもらえ、次に取り掛かる。

#5 知らない事を認識しなくて幸せ

この人は、気楽で幸せです。

知ろうとも思わないし、やろうとも思わない。でも、いざやる必要性に気づけば、大変な目にあうかもしれない。

まず、知らない事を認識するために努める。そして、知らない事を認識した後、知らない事を知るために努める。

二度手間です。

ただ、やらなくていいや、と思っちゃえばそれはそれで幸せです。

#6 知らない事を認識して幸せ

この人は、目標がある人です。

知らない事を認識しているので、やりようがある。そして、やるべき事を分かるので行動がしやすい。

大まかな結果も想像出来るからスタートとエンドが分かる。

当然やりがいを噛み締めてやるので、過程を楽しみ、結果で自信をつけて、さらに次に挑める。

でも、これはプラス思考な人に限る話です。

知らないことを認識しているが、マイナス思考な人は、知らなかったことにショックを受けるはずです。

そして、マイナス思考なので、出来ない自分にがっかりしたしたまま立ち直りが遅く、結局、引きこもります。これは、ダメですね。

気持ちの持ち方次第でこんなに差が出るから、マイナス思考はいかにダメか想像しやすいと思います。

結論

世の中は知らない事だらけです。なので、今の知識の有り無しはさほど重要じゃないと思います。

重要なのは、知っているか知らないかではなく、やるかやらないかである気がします。

もし、やらなくてもいいと判断すれば、やる必要はないし、知る必要もないです。

でも、人にはやるべきことも沢山あるので、可能な限り知った方がいいです。知るはやれば出来ると繋がるので、いざやる時にやりやすくなります。

そこで、次の重要が出てきます。

知らない事を認識しているか、認識していないかです。

上でも述べた通り、二度手間を避けるために、知らない事を認識した方がいいです。

ここでまた、次の重要が出てきます。

知らないことを認識するためには、なるべく沢山の情報に触れる以外に方法は無いと思います。

色んな情報に触れて、刺激を受け、今自分が知っている事と知らない事を見分けて、自分を知った方がいいです。

自分を知るのは、大人の一番大事な知識です。

そして、自分が知る事、知らない事をつなげて自分に足りない知識の存在に気づいていく。

知識は知識を土台にします。

この繰り返しが大事になってくると思いますね。

あなたは、知っていますか、知らないですか。

知っている事を認識していますか、認識していないですか。

知らない事を認識していますか、認識していないですか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です