アインシュタインをだましたメンタリズムトリック

メンタリズムについて色々調べていたところ有る興味深いメンタリズムトリックを知りました。

その名前は「The trick that fooled Einstein」。

直訳すると「アインシュタインをだましたトリック」です。

何?

20世紀最も頭のきれがいい人と言われるアルベルト・アインシュタインをだましたトリックとはどんなものだろうか。

しかも、数学の原理を使っているので間違いなく驚くと思います。

では、アインシュタインが騙されるメンタリズム・トリックとはどのようなものなのか。歴史を感じながら、自分の脳を活性化させてください。

“アインシュタインをだましたメンタリズムトリック” の続きを読む

90%の人がゾッとする、洗脳トリック

メンタリズム動画成功率90%以上という洗脳テストがある。数字のトリックです。

簡単な数字の足し算で洗脳していき、最後に思い浮かべた数字を当てるというものです。

特定の数字を思い浮かばせるメンタリズムです。

次の動画です。

いかがでした。

思い浮かべた数字が当てられて、ゾッされていませんか 🙂

 

心理法則は色々考えられるが、カギは6という数字にあると思われます。

 

動画を見ると、6にやたらと印象付けています。

 

まず、1+2で3を思い浮かばせます。

この時点では、3という数字より次に出てくる数字に注目するはずです。

そのあと、3+3で6を思い浮かばせます。

この時点で何となく次に出てくる数字を予想するだろう。

 

おそらく、6+6を思い浮かべるでしょう。

そして、6+6が出てきます。6+6を予想した人にはある法則性が浮かぶはずです。6の倍数か、6に関連する数字が出てくるという法則です。

6+6で12を計算しますが、法則性に意識が行くので12より6の方に強い印象が残るはずです。

人は例外なく、物事の法則性を探るという習性を持つ。法則性を事前に知る事で少しでも有利な立場に立ちたい気持ちがあるからです。

 

なので、6+6で6の倍数か、6に関連性がある数字が出てくるという法則性が出来上がります。

その次に、12+12でその法則が頭の中で確実なものになるはずです。6という数字の印象がさらに強くなる。

最後に16+16で32を計算します。

 

法則性が崩れた事が気づくが6が2つもあるので6という数字に強い印象が残ったままです。

最後に、12と5の間で数字を思い浮かべてくださいと言われたら、

まず頭に浮かぶのが印象に強く残った6なはずです。

ここで6を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、答えは7と出ます。

動画を見た人の90%以上がなぜか7を思い浮かべると言われている。そして、ゾッとする 🙂

 

なぜ、ほとんどの人が7を思い浮かべるだろうか。

可能性として、色々考えられますがこの答えをオープンにしておきます。

 

考えてみてください。あなたもメンタリストです。

恐怖心を覚えてしまったなら、恐怖心を克服する7つの方法を読んでください。

恐怖心が吹き飛びます。

数学面白いトリック。計算結果が誕生日になる!

数学トリック,数学面白いトリック,数字トリック,数学面白いマジックメンタリズムでは数学の原理を使ったトリックが数多くあります。一見難しそうですがやってみれば以外に簡単なものばかりです。

以前紹介したアインシュタインを騙したメンタリズムトリックも同じく数学の原理を使っているトリックで、あの天才アインシュタインでさえ騙されたということで有名です。

今回紹介するのは、あなたの誕生日を当てるというトリックです。

このトリックで必要になるのは計算機だけです。準備して下記の通りやってみてください。

不思議な体験ができます。

1. まず、自分の誕生日をアメリカの日付表記法(月-日-年)で書いてください。

例えば、1980年9月9日の場合は9-09-80となる。例として下記種明かしの計算は全てこの9-09-80を使うとします。

2. 誕生日の月に18を足す。例の誕生日の場合は、9+18=27となる。

3. どんどん計算していきます。上記(2)の結果と25の掛け算をする。27*25=675となる。

4. 上記(3)の結果から333を引く675-333=342となる。

5. 上記(4)の結果と8の掛け算をする。342*8=2736となる。

6. 上記(5)の結果から554を引く2736-554=2182となる。

7. 上記(6)の結果を2で割る2182/2=1091となる。

8. 上記(7)の結果に誕生日の日を足す。今回の例は9日なので1091+9=1100となる。

9. 上記(8)の結果と5の掛け算をする。1100*5=5500となる。

10. 上記(9)の結果に692を足す5500+692=6192となる。

11. 上記(10)の結果と20の掛け算をする。6192*20=123840となる。

12. 上記(11)の結果に誕生の年の最後の二桁を足す。今回の例は1980年なので80を足す123840+80=123920となる。

13. 最後に上記(12)の結果から32940を引く123920-32940=90980となり、もとの9-09-80というアメリカ日付表記法で書かれた誕生日結果になります。

いかがでしたか。これはどんな誕生日、日付でももとの日付が結果になるという不思議な計算になります。

ぜひ試してみてください。

本サイトでは下記のメンタリズム種明かし、トリックを紹介しています。やり方がわかれば誰でもどこでも再現できるトリックなのでぜひ試してみてください。

レモンの割れ目を的中させるトリック

メンタリズムトリック,メンタリズム種明かしレモンの割れ目の数を外からみてすぐ分かるトリックです。

コツをわかってしまえば非常に簡単です。

 

動画からもわかるようにレモンをスライスしてみると複数のセクション(割れ目)に分かれているのがみえる。その割れ目について知っているからこそできるトリックです。

レモンの性質を知っていたからメンタリズムのホットリーディングテクニックが活用されたと言えるでしょう。

 

動画から分かるようにレモンの割れ目の数は人の目にあまりつかないところに隠されていた。

一番注目されないところだと言える。

 

動画は英語ではあるが最後みていただきましたか。

最後に結論として言えるのは、メンタリズムトリックを成功させるには色んな知識が求められるということです。

レモンの性質を知る事もメンタリズム種になるんです。

スプーン曲げ種明かし

スプーン曲げはひと昔前にある外人が日本で披露して有名になったトリックです。超能力者がやることだと怖いという人もいる。

実はこのスプーン曲げのトリックは中学生でもできるトリックなんです。そのコツは、スプーン曲げる瞬間いかに力を入れていないように見せるかです。

持ち方や見ている人の角度もポイントになる。また、人の目の錯覚も上手く利用している。この動画では若者達が簡単にスプーン曲げを披露してくれます。ふざけているような動画ですが分かりやすく解説している。

是非練習してやってみて下さい。やれる人が少ないのでできるようになればすぐ有名人になると思います。

コイン消失トリックの種明かし

メンタリズムのトリックでよく使われるのがコインです。コインを消したり、増やしたり、減らしたり、グラスビンに瞬時移動させたり。

その中で特に人気なのがコイン消失のトリックです。コイン消失のトリックはやり方を習得できてしまえばどこでもお披露出来る。

分かりやすい種明かし動画があります。みてください。

“コイン消失トリックの種明かし” の続きを読む

子供が喜ぶ3つの簡単なメンタリズム種明かしを解説します

メンタリズムは大人だけが楽しむものではありません。

今までメンタリズムを考えていく中で大人だけに執着してきました。

でも、よく考えるとメンタリズムは大人だけが楽しむものだはありません。子供にも楽しみが沢山あります。

むしろ好奇心に満ちあふれている子供達の方が刺激を受けると思います。

刺激を受けた分だけ想像力や考える力が増すし、物事の比較対象も増える。

教育や大人として成長するにもいい影響を与えるはずです。そう思った私は子供が楽しむトリックを調べてみました。

これが一番再現し易い3つのトリックです。子供と一緒にやってみてください。

1. ケチャップを自由自在にコントロール

これは非常に簡単なトリックです。トリックというより科学です。

必要なのは水を入れた大きめのペットボトルと小さい袋のケチャップです。もしケチャップが無ければ納豆の中にある芥子(からし)、軽めのお菓子なんでもいいです。

まず、水いっぱい入った大きいペットボトルの中にケチャップを入れる。蓋を閉める。

そこで格好よく一言。そこは任せます:)

そして、ペットボトルを強く握るとケチャップが下にいく、握った手を緩めるとケチャップが上にいく。そして強さの調整をして停止させることもできる。

停止させる時は「そこでストップ!」と格好よく言ってください。子供が驚くこと間違いないでしょう。

驚くという体験はそれだけ通常の世界とかけ離れた証拠です。いい刺激は子供の成長にとても大事です。

2. グラスが浮く

これは典型的なマジックです。器具に注目してください。

用意するのは水、特別なロープ一本とグラスです。グラスには透明な紐が貼られている。ロープには紐に引っ掛ける為の引っかけが仕掛けられている。

もちろん見えないような透明なものです。グラスには何も仕掛けられていないようと見せても見えないような透明な紐です。

動画の解説を注意して見てみて下さい。

ちょっとした準備は必要だが子供を喜ばせるためならそれくらい朝飯前です。

では、動画をみて、仕掛けを理解して、器具を準備して是非やってみて下さい。

3. 切っても切れない

これも特別な器具を必要とするトリックです。ただ、その器具は紙で作る事ができます。

このトリックに必要になるものは紙(特別に作られた)、ハサミ、そしてハサミで切れる何か。

動画には見慣れたマジックの再現に見せかける為に女性の絵を使っていますが切るとなると子供はちょっと抵抗があるので別のものにしましょう。

何にするか子供に見易い、楽しいものを選んであげてください。

では、紙にどのような仕掛けがあるのか動画をご覧下さい。切れ目を2本入れるだけです。

いかがでしたか。再現性が高く誰でもできるトリックばかりですよね。ぜひ準備して大事な子供を喜ばせてあげて下さい。

大人向けのメンタリズム種明かしは下記にまとめした。お楽しみください。