洗脳トリック:90%の人がゾッとする数字トリック


成功率90%以上洗脳トリックがある。数字の足し算で洗脳していき、最後に思い浮かべた数字を当てるという数字トリックです。

特定の数字を思い浮かばせるように誘導するメンタリズムです。

人に思わせたい数字を思わせることが可能です。

早速、次の動画をみて下さい。動画終わる頃、手と足の震えが止まらなくなるでしょう。


思った数字が当てられてゾッされていませんか。

心理法則は色々考えられるが、カギは6という数字にあると思われます。動画を見ると、6にやたらと印象付けています。

まず、1+2で3を思い浮かばせます。

この時点では、3という数字より次に出てくる数字に注目するはずです。

そのあと、3+3で6を思い浮かばせます。この時点で何となく次に出てくる数字を予想するだろう。

おそらく、6+6を思い浮かべるでしょう。

そして、6+6が出てきます。6+6を予想した人にはある法則性が浮かぶはずです。6の倍数か、6に関連する数字が出てくるという法則です。

6+6で12を計算しますが、法則性に意識が行くので12より6の方に強い印象が残るはずです。

人は例外なく、物事の法則性を探るという習性を持つ。法則性を事前に知る事で少しでも有利な立場に立ちたい気持ちがあるからです。

なので、6+6で6の倍数か、6に関連性がある数字が出てくるという法則性が出来上がります。

その次に、12+12でその法則が頭の中で確実なものになるはずです。6という数字の印象がさらに強くなる。

そして、16+16で32を計算します。

法則性が崩れた事が気づくが6が2つもあるので6という数字に強い印象が残ったままです。

最後に、12と5の間で数字を思い浮かべてくださいと言われたら、まず頭に浮かぶのが印象に強く残った6のはずです。

ここで6を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、答えは7と出ます。

動画を見た人の90%以上がなぜか7を思い浮かべると言われている。

そして、ゾッとするそうです。笑

なぜ、ほとんどの人が7を思い浮かべるだろうか。

可能性として、色々考えられますがこの答えをオープンにしておきます。

考えてみてください。あなたもメンタリストです。

もし、このトリック怖いと思ってしまったなら、恐怖心を克服する7つの方法を読んで落ち着いてください。

恐怖心が吹き飛びます。

もう一つの不思議なトリックを知りたければ、あなたの誕生日を言い当てる数字トリックを読んでください。