会話をコントロールする人


人と付き合っていくには、聞く力は必要ですが、もう一つの力がどうしても必要になります。

会話をコントロールする力です。

この力がなければ、会話が続かないし、意味のない方向に行ってしまいます。

つまり、会話力がある人には、聞く力と会話をコントロール力がある。

では、会話をコントロールする人になるには、どうすればいいでしょうか。

会話をコントロールする人はどんな人でしょうか。

答えをズバリ言う前に、話がすぐ分かるようにちょっとだけ後輩の話をします。

ある後輩がいます。

応援していこうと思っている若者です。彼のいいところは素直な所です。

質問の数は半端ない。疑問に思ったらすぐ質問する。うっとうしくらいに聞いてくる。

仕事に関係あることだけではなく、私のことまで深掘りしてきます。

彼には信用しているので言えることは正直に言って、逆に私からも聞くようにしています。僕からの質問にも正直に答えてくれるので、いい会話になります。

このようにやり取りしていると、関心を持ってくれているのが分かるし、嫌がる気持ちは全く無いですね。

もちろん、仕事のこともちゃんと聞きます。でも、調べてもないのに聞くのではなく、調べた上で不明なところ、確証が取れないところはしっかりと聞きます。

こういう姿勢は成長できる人の特徴だと思います。ナイス、その調子です。

で、ふっと思ったんですが、質問する人は会話をコントロールする人なんだな、と。

質問する人は会話をコントロールする人。

相手に質問することで、会話を自分が動かしたい方向に動かせている。自分の知らないことを教えるように相手を誘導できている。

その上、聞く力があれば、コミュニケーションに対しては敵なしですね。人を誘導する立派なメンタリズムです。

逆に何を考えているのか分からない人は、言うまでもなく信用してはいけない人です。

結論になるが、質問する人は会話をコントロールします。

皆が言う通り、人間関係はキャッチボールです。取って返して、また取る。

返さなかったら取ることは出来ない。返したのに、ボールが来なければ、また返すことも出来ない。

簡単なロジックですが、これがコミュニケーションの基本だと思いますね。

会話をコントロールしたいなら質問して行こう。グッドラック。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です