視線で感情が分かるNLPアイパターンとは


NLP心理学アイパターン,NLPアイパターンNLP心理学には「アイパターン」という概念があります。NLPアイパターン(NLP Eye Pattern)と言われたりする。

視線で感情や心理状態がわかるというものです。

 

人間関係に置いて、役に立つので勉強して欲しい能力です。

 

NLP心理学について、進化系心理学NLP心理学とは、今注目される理由で具体的に紹介しました。

その特徴は、相手の無意識にアプローチすることで心理状態を把握し、行動に導くことです。

 

今回紹介するNLPアイパターンも、相手の無意識の表情、視線に注目することで心理状態や考えていることがわかるというものです。

 

NLPアイパターンは、NLP心理学の基本知識の一つで、脳科学的な根拠に基づいて研究されているので信憑性が高いと評価されている。

 

人間は、外から色んな情報を取り入れて脳で処理し、行動を決めている。

 

そして、取り入れた情報の反応が一番先に出るのは目です。

目の動き、向き、視線です。

 

つまり、感情が一番現れやすいのは視線ということです。

正常の人の目の向きは、7つに分ける事ができる。

 

細かく分ければ何本でも分けられると思うが大きく分けると7つになります。

下記の図をご覧になって下さい。

nlp_facepattern

各表情には英文字の名称がつけられています。

 

NLP心理学でそれぞれの表情に付けられた名前になります。その名称を詳しく解説すると下記の通りです。

 

1. VC

Visual Constructed。

視覚的構造と訳されます。左上への視線です。

視線が左上へ向いている場合はビジュアルイメージを頭の中で浮かべている、見た事の無いものを想像している可能性が高いとされている。

例えば、コンゴの森で調査していた学者達が日本猿に似た顔したゴリラを発見したと報じればどんな生物だろうとイメージをするはずです。

その時に左上に向いている可能性が高いという事です。日本猿の顔をしたゴリラのイメージができましたか。

そして視線はどこに向いていますか。

 

2. VR

Visual Remembered。

視覚的記憶と訳されます。右上への視線です。

視線が右上に向いている場合は頭の中でビジュアルイメージを思い出している、思い起こしている可能性が高いとされている。

例えば、2002年のサッカーワールドカップで日本代表がきたユニフォーム。どんな色でどんなデザインの物だったのか覚えていますか。

そして日本代表はグループリーグを1位で通過し、初の決勝トーナメントまで進めました。日本中が湧きましたね。

 

その時のメンバーから現役を続けている人は今いるんだっけ?

今、色々思い浮かべたと思うが視線はどこに向いていましたか。

NLP心理学の研究結果が正しい(当たる確率が高い)なら恐らく右上に向いていた人の方が多かったはずです。

 

3. VD

Visual Defocused。

視覚イメージぼかしと訳されます。真正面への視線です。

思い出したあるいは想像していたイメージがぼけてくる、明確じゃなくなる、あるいはイメージしているのをやめれば視線が真っ正面に向く人が多いという。

 

4. AC

Auditory Constructed。

聴覚的構成と訳されます。左への視線です。

視線が左へ向いている場合は頭の中で聴覚的情報を思い浮かべている可能性が高いとされている。

 

例えば、「アマゾンの熱帯雨林で美しい鳴き方をする新種の鳥が発見されました」とニュースになればどんな鳴き方だろうと色々想像するでしょう。

視線が左に向いている事が多いはずです。

 

5. AR

Auditory Remembered。

聴覚的記憶と訳されます。右への視線です。

視線が右に向いている場合は音や音楽など聴覚情報を思い起こしている可能性が高いとされている。

 

例えば、硬そうな木材を見せられて、「さ〜石で叩けばどんな音が出るでしょう」と質問されたら以前硬いものを叩くときに聞こえていた音が思い出されるはずです。

この場合、視線が右に向いている確率が高いということです。

 

6. K

Kinesthetic。

体の感覚と訳されます。左下への視線です。

視線が左下へ向いている場合は体に何か触れている感覚がある、温度差を感じるなど感覚として何かを感じている可能性が高いとされている。

 

7. AD

Auditory Digital。

聴覚的ディジタルと訳されます。右下への視線です。

自分に何かを問いかけている時に右下へ視線を向ける人が多いとされている。

 

上記は右利きの人に多く見られる特徴です。

NLP心理学の研究者達によれば、これらの特徴は高確率で当たるが左利き、右利きによって反対方向へ視線を向けるケースも稀にあるようです。

 

このように視線に注目すれば人の感情、視線の心理についてかなりの情報を得ることができる。

 

これは、人間関係において強力な武器になります。

是非、意識してみてください。

 

感情の見分けについて研究されたメラビアンの法則というものがあります。人が相手の感情を特定するために一番注意してみているところについてです。

あなたのどこが一番みられているかということです。