ソーシャルプルーフに隠れる心理とは

ソーシャルプルーフって聞いたことありますか。

ネットに触れる人だったら1回くらいは耳にしたことがあると思います。社会的証明と言われるもので、英語のSocial proofです。

心理学ではバンドワゴン効果という言い方もある。

で、その意味は、なぜ強力なのか。その裏に人間のどんな心理が隠されているのか。

 

あるものに対する支持が多くなるとそのものに対する信頼度が増し、さらに支持されやすくなるという現象です。

人間の本性はこのソーシャルプルーフの正体を理解すれば良く分かる。 “ソーシャルプルーフに隠れる心理とは” の続きを読む

人間関係めんどくさいと思う原因、防ぐ方法

人間関係めんどくさい、人間関係疲れた、人付き合いがしんどい、人間関係が苦手と思っている人は結構いるようです。

確かに合わない人と接するのはエネルギが要る「作業」ですから疲れるのは当たり前です。

でも、この世の中で生きれている限りどこへ行っても人間関係はつきものです。

“人間関係めんどくさいと思う原因、防ぐ方法” の続きを読む

◯◯心理学者という珍しい仕事

メンタリズムでも生きてくる心理学。

その活用場は人間関係が成立する全ての場面と言って過言ではありません。

相手を感動させる、喜ばせる、誘導する、興奮させる、勇気をつけるなどなど心や感情があるところでは心理学は活用可能です。

しかも、人間だけではなく人間以外の生き物に対しても効果的に活用出来るところが心理学の適用性の広さと意外さでもあります。

聞いた話ですがあるドッグトレーナーによれば犬は人間と結構似た感情をもつそうです。 “◯◯心理学者という珍しい仕事” の続きを読む

心技体が鍛えられる仕事

心技体が鍛えられる仕事心技体が鍛えられる仕事について話をします。

一つ気づきになると思うので引き続き読み進めてみてください。

少なくてもその職業に対する視点が変わります。

 

みんな色んな仕事をやられた経験があると思います。

技術力を磨く仕事、話し上手になる仕事、体力をつける仕事、料理上手になる仕事、販売力がつく仕事などなど。

 

その中で、心技体が同時に鍛えられる仕事があります。しかも、やる前とやった後のギャップがものすごく大きいです。

 

その仕事とは、引越しの仕事です。

 

最初は力仕事だと思われる引越しですが、実際にやってみれば頭脳と体力が同時に鍛えられる最強の仕事です。プロの職業としてやっていらっしゃる人も多くいます。

 

まず、力仕事だと思われる通り、体力が確実に鍛えられます。有酸素運動と筋トレを同時にやっているような動きをします。

ダンベルを持ってマラソンするようなものです。

重い荷物を持ちながら、1階だろうが、10階、20階だろうが運ばなければなりません。腕の力中心に腰、肩など体の色んな部分の筋肉がバランスよく鍛えられます。むきむきになります。

エレベーターがなければ階段でいきます。あるいはトラックが入らない狭い通路の向こうにある建物だったら荷物を持って歩きます。足腰が鍛えられます。

 

しかし、お客様のお荷物を物にぶつけたり、落としちゃいけないので最高の注意を払って、全身の筋肉を意識しながらやります。

筋肉は意識すれば、軽い物でも鍛えられますから効率的な運動になります。

 

そして、引越しは時間との戦いでもあります。予定通りに動かないと次の仕事に影響が出ますのでスピーディにやる必要があります。

荷物を持ちながら、気をつけながら走る。動きすぎると疲れが溜まりやすいので、ペース配分、リズム感も大事です。まさにマラソンです。

 

このように、引越しは体力を鍛えることは分かりやすいと思います。

 

でも、引越しは体力だけではなく、頭脳も鍛えられます。

 

常に考えながら行動しないといけません。そうしないとチームとしてうまく回りません。

チームメンバーの動き、トラックやお客さんの家のスペース、荷物のサイズ、置き場所、資材の残り状況などあらゆることを意識して、考えながら動く必要があります。

荷物がいっぱい溜まっているところにまた荷物を持って行ったら邪魔を作ることになります。テレビの置き場がないのに、テレビを持って行っても意味ありません。

状況を観察して、ある程度の動きをイメージしながらやらないといけません。状況の素早い判断、段取りの良さが求められます。

 

荷物をトラックに積む時も頭を使います。

綺麗にスペースを効果的に使った積み方をしないと崩れやすいし、下手すればトラックに入りきらないこともあり得る。

しかし、荷物には色んな形や大きさがあるのでイメージ通りに詰めることはあり得ません。

荷物がきたらすぐスペースを計算して、次に来るだろうと想定するものの形や大きさに合わせて詰めます。相当難しいパズルです。テトリスと似ています。

これで頭脳が確実に鍛えられます。ベテランの引越し屋は、動きが素早くてどんなものが来てもぴったり気持ち良く納めてくれます。さすがだという誇らしい気分にもなるが、やっぱり継続力ってすごいなと思います。

 

それにチームメンバーへの思いやりも必要です。自分勝手な動きをすれば息も合わないし、簡単に落としたり、ぶつけたりする。重い荷物を運ぶ場合、相手に怪我させてしまうこともあり得ます。

相手に動きを想像しながら声を掛け合ってやらないといけません。

 

チームメンバーとのコミュニケーションは必須ですが、お客さんとも密接にコミュニケーションをとる必要があるので言葉の使い方、丁寧な接し方、サービス精神も深く意識しながらやります。

 

これだけ、心技体がバランスよく反映された仕事はそれほどないんじゃないかな。

 

プラスが多い引越しの仕事ですが、当然楽ではありません。心が折れて一回目でやめてしまう人もいます。精神力も要ります。

耐えることができれば、精神力も確かに強化されます。

 

ただ、心がけてやらないといけないことがあります。

それは、言われたことだけするという怠けた精神を捨てることです。新人だろうが、ベテランだろうが積極的に、みんなで同じ目的に向かった力を合わせてやっているという意識を持ってやらないといけません。

 

仕事も賢く、自分のプラスになるように選ぶべきです。引越し、男は一回くらい体験するべき仕事だと思います。

超能力に関するちょっと深い話

超能力

メンタリズムのパフォーマンスで見慣れのスプーン曲げも超能力と話題になりましたよね。

何となく分かっているつもりの超能力について調べてみました。

 

超能力は物に触れていないのに動かしたり、知っているはずが無い事を知っていたり、将来や過去が見えたり、飛んだりなど通常の人には考えられない、科学的に証明されない能力です。

一言で超能力と言っても調べてみれば超能力にも色んな種類がある。

1. サイコキネシス

psycho + kinesis。

意志の力で物をうごかしたり、変形させたりする能力。スプーン曲げもサイコキネシスです。

2. サイコメトラー

psychometry。

物体に残る人の思念を読み取る能力です。

テレビで見た事有ると思うが、事件に関わる人の触れたもの、辿った場所に残った思念を読み取り事件を解決に貢献する刑事超能力者達がいます。

3. テレパシー

telepathy。

相手と話したり、表情を見ないで心と心で情報伝達する能力です。

テレパシーは8000キロ先まで到達することを証明した科学者もいる。

4. 予知

未来に起きる事を予知する能力です。信じられない部分が多いが夢で将来を見ていたり、本人にしか見えない人物が将来について言ってきたり、寝起きしたら自分の字で将来についてメモーが残されていたりと様々な形で未来が予知されている。

5. 透視

言葉の通り、通常なら隠されて見えないようにした物が見える能力です。

6. テレポーテーション

teleportation。

瞬間移動です。物体を瞬間的に別の場所に移動したり、自分で瞬間的に移動したりする能力です。

「ジャンパー」というSF映画で面白く、分かり易く紹介された能力です。

7. エンパス

empath。

人それぞれが持つエネルギ領域の境目を無くし、何でも共感できる能力です。

相手の痛みを一緒に感じることで痛みを半分にするとか、喜びを一緒に味わう事で喜びを倍にするなどセラピー、パフォーマンスがある。

8. イグニッション

ignition。

発火させる能力です。ものに手を触れるだけで発火させる超能力です。手を触れなくても、手の合図で発火させる能力者もあると言われている。

 

ここまでは一般に広まった超能力に関する知識です。

ここからは超能力について一般論をちょっと深めた、興味深い話になります。下記の動画を静かな部屋で集中して聞いてみて下さい。

 

メンタリストのDaigo氏と科学者の苫米地英人(とまべち ひでと)氏が行った対談です。

超能力に関する知識が今までより明確になり、深まると思います。

売れに売れる販売員の秘密

売れに売れる販売員がいます。

29800円〜、だと大きくて、特徴的な口調で商品を解説し、売れまくります 🙂

 

秘密は彼らの口調にあります。

 

では、売れに売れる販売員の口調にはどんな特徴があるのでしょうか。

“売れに売れる販売員の秘密” の続きを読む

今すぐ取り入れるべき正しい躾

見ての通り、躾(しつけ)という字は綺麗な字です。身を美しくして躾になる。

僕が一番関心を持った漢字ですね。

ということで、今日は躾について話をします。正しい躾というテーマにしました。

 

正しい躾、というとどんな躾の仕方を思い浮かべますか。

 

悪いことをすればしっかり叱る、いいことをすればしっかり褒める、礼儀正しくする躾、相手を思う気持ちを伝える躾など色んな躾を思い浮かぶと思います。

おそらく、親が考えていることだからその裏に根拠もあり、正しくない答えはないと思います。

 

でも、こんな考え方もある。

子供が躾と感じない躾が一番正しい。効果的。

どこか読んで印象に残った言葉ですが、その通りだと思います。

 

子供は勝手に成長しています。本人もそんな深い実感がないまま成長していると思います。

なので、彼ら、彼女らのとって、とった行動、言った発言、思ったことは正しいと感じられているはずです。

ありのままですから。

 

そこに親がああだ、こうだ言えば当然ながら違和感を感じる。

正しいことをしているのに、なんで否定するんだろうと反発の気持ちを抱くわけです。

つまり、子供が監視されている、自由にできないという圧迫感を感じているのです。

これは、子供が躾と感じる躾です。

僕が言いたい正しくない躾の仕方です。

 

そこで、親がいかに躾をしているのがばれない躾をするかがポイントになります。

頭の使うところです。おそらく、これが親としての一番の仕事かもしれない。

 

躾が躾だと感じられない一つ案として、親が第三者の目で見て、意見を聞き出す感じで話をするとやりやすいです。子供が違和感なく心を打ち開いてくれると思います。

例えば、お父さんはこう思うが、お母さんはこう思うが君はどう思う?お母さんの考えは正しいと思うか、あるいは正しくないと思うか、など意見を言い合う形の会話は一番生きている会話になる。

子供が主役として参加しているので一番反応を示してくれる。

 

こうすれば、子供が自分で考えるし、自分で判断するし、判断するために色んな思い出や今まで感じたこと、思い出を振り返り、自分の考え方を形付けていく。

そして、自分の立場も認識でき、自信もつきます。

 

自分に関することは、自分で解決するという意識ができてくるので自立心も発達し、行動や発言に対して責任感を持てるようになってきます。

これこそ、子供の考える力を成長させる子育てだと思います。

 

正しい躾です。

 

躾という言葉の由来も面白いです。

着物を縫う際に、本縫いの前にまず形を整えておきたい仕付け糸という言葉から由来しているそうです。

仕付け糸を親に置き換えて考えれば、正しい縫い方(子育て)がすぐ思い浮かべると思います。

仕付け糸は、形を整えるためだけのもので、本縫いが終わったら、つまり形が整ったら外す。子育ても、いつまで経ってもずっと子供と一緒で、言動にいちいち口を挟むとよくありません。

 

躾は子供の成長に一番大事なことです。

しっかり子供の気持ちに届いた、いい方向に誘導した躾が子育てに親が一番時間を使って、考えるべきところです。

そして、正しい躾は子供の能力や脳力を鍛える抜群の効果が期待できると思います。

頭が示す当たる確率が高い4つボディーランゲージ

ボディーランゲージメンタリズムで活用されている心を読む方法の一つです。

色んな表現で定義されていますが簡単に言えば、人の考えていることや心理状態は仕草や行動となって体の色んな部分に現れる、それらを観察することで相手の心を読み取り考えている事や精神状態が分かったり、心を誘導したりできるというものです。

今回紹介するのは頭の動きや位置で相手が分かる頭のボディーランゲージです。

頭にも体の他の部分と同じように心理状態が現れます。

しかも、頭は生死に関わる組織なので体の他の部分と比べて反応力が圧倒的に優れているため心がもっとも正確に現れる場所であると強調する心理学者が多数います。

では早速紹介します。

“頭が示す当たる確率が高い4つボディーランゲージ” の続きを読む

メンタリズムテクニックのABC

メンタリズムは心的要素を利用して行われる心理術です。

一種のマジックと言われる事もあるが、メンタリストが頼るのは道具や器具ではなく、本人のメンタルパワー、精神力のみという特徴がある。

パフォーマンスには時間制限があるし、トリックを見破ってやろうという鋭い観客が沢山いるのでメンタリストはかなりの重労働をしている。

パフォーマンスを成功させる為に頭をフル回転させ、あらゆるヒントをたよりに答えを導きだしている。まさに、一瞬一瞬が勝負なので全ての行動が効率的じゃないと行けません。

そこで彼らがやる事を明確にするため、行動をより効率的にするために色んなテクニックを使っている。

今日はその中で最も基本的なテクニックと言われる3つのテクニックを紹介します。

日常生活で活動できると思うので、もし機会があれば使ってみてください。

“メンタリズムテクニックのABC” の続きを読む

直木賞を頂いた話

読者様から直木賞を頂いた話があります。より近く交流したいFBの読者さんから頂きましたのですごく嬉しかったです。ありがとうございます。

一つ自慢ということでFBで投稿したまま紹介しようと思います 🙂

全3話です。主人公は家具です。

読んだ後、少しの気づきと笑いを誘えることが出来ればこの3話の任務成功です。

“直木賞を頂いた話” の続きを読む