完璧主義者が無能になってしまう明白な理由とは


あなたは完璧主義者ですか。

もし、完璧主義者なら今すぐやめた方がいいです。さもなけれ、無能になり、失敗し続ける事になるでしょう。

実は、完璧主義者には無能になってしまう明白な理由があるんです。

その理由について話します。

完璧主義者はやめろう、と注意する前に完璧主義とは何なのか、完璧主義者はどんな人なのか前置きしておきます。

完璧主義とは

Wikipediaには、次のように定義されている。

完璧主義Perfectionism)とは、心理学においては、万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと

定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことである。

色々書かれているが、要は、完璧主義は、自分に課した厳しい基準をクリアするために、万全な条件を整え、努力しようとする思考や心理状態、性格の事です。

他人からの評価を気にするというポイントも強調されている。

完璧主義者とは

上記通り、完璧な条件、状態、結果を求める思考を持つ人を完璧主義者と言います。英語では、perfectionistと言います。

一見、良さそうな主義で、良さそうな人ですが、実は、完璧主義者が無能になってしまう理由が上記の定義の中に明白に書かれている。

完璧主義者が無能になる理由

完璧主義者が無能になってしまう理由とは、続ける力がつかないことです。

グリットとも言われる続ける力ですが、我々の将来を決める一番大事な力、能力の一つです。

そのグリット力が完璧主義によって奪われてしまうんです。

完璧主義者は、事を成す前にまず完璧な環境を求める。快適で自分がやりやすい文句無しの環境を整えようとする。

やりやすい環境を準備して、完璧にやれればいいんですが、それはおそらく上手くいかないはずです。

抽象的な話になってしまうが、世の中には、完璧な環境なんてないです。100%完璧な環境を目指しても、10つや20つ、いや、1つや2つ位、完璧にほど遠い条件が存在するものです。

100を目指して、1つでも整えられなかったら完璧主義者は、続けられません。

そこで諦める人もいるが、忍耐力の強い完璧主義者は、後戻りし、また完璧な環境を整えようとする。

このように肝心な行動の前段階でずっと居止まってしまう。

そして、実際に成長につながる事を何もやらないまま時間だけが進んでしまう。

ここで確実に諦めが生じる。気持ちを行動に移す前に諦めてしまうんです。

これは精神的に最悪なダメージを与える

「いや、出来なった」、「また、続けられなかった」と落ち込んでしまう。

実は、これはただの落ち込みで終わらなくて、潜在意識的に自分は出来ない人なんだと思い込む事になる。

そして、やりたい気持ちがなくなり、やらない方向に進んでしまうか、気持ち的にダメになり、自信を失ってしまう。

これは、完璧主義者が無能になる決定的な弱点ですね。他人には、信用してはいけない人だという印象を与えかねない。

無理な完璧を目指さずに、今自分が出来る事をやり続けることが大事だと思いますね。

マイベストエフォート(My best effort)でいいんです。

やり続けることで出来なかった事を出来るようになる。能力がどんどん増し、自信がつく。

そして、成し遂げる。このサイクルが大事だと思いますね。

完璧にこなそうとするより、このサイクルを繰り返すことが大事だと思いますね。

このように、行動を続けるきっかけを作り、意図的に自信をつけていくのもメンタリズムです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です