VAKモデル:人間関係で主導権を握る方法


VAKモデルについて知っていますか。

人の感覚の優位性を示すNLP心理学の用語です。

実は、VAKモデルを意識すれば、相手がどんな人なのか知ることができる。

それは、人間関係において主導権を握る事を意味するので、大人として持っておくべき知識です。

では、VAKモデルとは何だろうか、人間関係にどのように活かして主導権を握るのか。

VAKモデルとは

我々人間は、五感を通じて世界に触れ、情報を取得し、物事を認識している。

  1. 視覚(Visual)
  2. 聴覚(Auditory)
  3. 触覚(kinesthetic)
  4. 嗅覚(Olfactory)
  5. 味覚(Gutatory)

そして、この五感のうち、触覚、味覚、嗅覚を身体感覚として一まとめにすると三感になる。

  1. 視覚(Visual)
  2. 聴覚(Auditory)
  3. 身体感覚(Kinesthetic)

NLP心理学では、この三感の頭文字を合わせて、VAKモデルと呼んでいる。代表システムと呼ぶこともある。

VAKモデルでは、人は感覚の優位性があり、それが振る舞いや行動、考え方に影響すると見ている。

つまり、あなたは、他より敏感な感覚を持っていて、その優位感覚を中心に使用して生活しているという事です。

同じ物を見ても人によって感じ方や受ける印象が異なるのは、実は優位感覚が異なるためです。

ある人が聴覚を優位に世の中を認識しているのに対して、ある人は視覚を優位に認識する。身体感覚が他より優れていて、その感覚で世の中を認識する人もいる。

どうしても話が合わない人がいるのもこの感覚のズレがあるためです。

では、それぞれの優位感覚の人にどんな特徴があるのか。

それを知れば、相手の事を知り、接しやすくなる。

人の優位感覚の特徴

優位感覚は、人の行動や振る舞いに出るから、それを知ってしまえば相手の事が大体分かります。

相手の目の動き、発言、手の動きなどを観察してください。どの感覚を優位に働かせているのか直ぐに見分けることができます。

つまり、優位感覚によって、行動に明確な特徴が出るということです。

では、それぞれの優位感覚の人にどんな特徴があるのか。

1. 視覚が優位な人

  • 見かけや見栄え、形を大事にする。
  • 物や出来事を絵で記憶する。
  • 思い出すのも絵なので、わかりやすく、そして正確に伝えられる。
  • 一瞬にして絵で全体図が浮かぶので、すぐ話にできる。話のテンポが早い。
  • 視覚的情報処理が得意なので明確な情報を集めるために頭を前に出して座る。
  • 物に例える癖がある。
  • 呼吸が浅い。
  • 身振り、手振りが多い。
  • 視線を上に向ける傾向がある。
  • 「話が見えない」「~のように見える」など表現する。
  • 手振りが多く、空中に形を描いて話す。

2. 聴覚が優位な人

  • 左右の耳への意識が強いので目を左右によく動かす。
  • 言語学習能力や音楽学習能力が高い、言葉や楽器覚えが早い。
  • 外国語の発音の上達が早い。聞いてそのまま正しく発音できる。
  • 話すスピードが平均的。
  • 耳に触れることが多い。
  • 音楽をかけて勉強できる。
  • 音楽をかけると集中できる。
  • 「リズムが合わない」、「〜のように聞こえる」と言った表現が多い。
  • 視線を左右に向ける傾向がある。

3. 身体感覚が優位な人

  • 全身を意識しているので呼吸が深い。
  • ボディタッチが比較的多い。
  • 感触や感覚を大事にする。スポーツ選手で言えば、芝のチェック、リングのチェックを一番長くする人。
  • 話すスピードが遅い。
  • 居心地を大事にするので快適じゃないとスタートできない。
  • 使う物にこだわりが多い。
  • 視線を下方に向ける傾向がある。
  • 「鳥肌が立つ」、「~と感じられる」などの表現を使う。
  • 手振りが多い。

人の優位感覚を知ったところで、VAKモデルをどのように人間関係に活かせるのか。

VAKモデルの活用

相手の言葉や視線、身振り、手振りに注目することで、相手がどの優位感覚を中心に使っているか知ることができる。

その優位感覚の特徴に合わせて表現や伝え方を変えれば、相手に話が伝わりやすくなり、コミュニケーションがしやすくなる。

それだけではなく、人として接しやすい印象を与えるので、人間関係を意識的に有利に運ぶ事が可能になる。

1. 聴覚優位な人に接し方

「◯◯に聞こえるでしょう」、「◯◯は聞いたことありますか」、「あなたとはリズムが合う」などの表現を使えば伝わりやすくなる。

また、聴覚が優位な人はじっくり聞きたいので、じっくり話してあげれば相手に親しみやすい印象を与えることもできる。

2. 視覚優位な人に接し方

「◯◯に見えるでしょう」、「話が見えて分かりやすい」、「見える化」などの表現を使えば、相手が理解しやすくなる。

また、図、表、絵を見せながら話すと伝わりやすくなり、スムーズなコミュニケーションができる。

3. 身体感覚優位な人に接し方

「◯◯を感じるでしょう」、「どんな感じでしたか」、「鳥肌が立つくらい怖いでしょう」などの表現を使えば、相手が話に乗りやすくなり、会話が楽しくなる。

また、身体感覚が優位な人は、ものに触れて判断したがるので伝えたい事、見せたいものがあればコミュニケーションが取りやすくなる。

 

このように相手の感覚優位性を使い分けてコミュニケーションを取れば、伝えたいことが伝わりやすくなる。

それだけではなく、相手に接しやすい印象を与えるので、人間関係において有利な立場に立てる。

結論

人は優位感覚の違いによって行動や発言に差が出る。

その違いを知れば、相手がどの感覚を中心に世の中を意識しているのか分かる。

そして、その特徴に合わせてコミュニケーションを取れば、相手に話が伝わりやすくなる。

それだけでなく、人間としても接しやすい印象を与えるので人間関係の改善に役に立つ。

その全てを自分の意識でやるため、人間関係において有利な立場を獲得できる。

VAKモデルを意識して相手のことをみましょう。人間関係において有利な立場に立ちましょう。

グッドラック。